断熱、結露、シックハウス-断熱と暖房住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去100年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
省エネ住宅は当たり前
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱基準の歴史と記号
地域区分と断熱基準
断熱の方法と場所
断熱材料、性能とコスト
・断熱材のいろいろ、施工特性
・ZEH(ゼッチ)の基礎

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材への疑問と実験
熱に関する基礎知識
遮熱材のポイント

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱


 

 

 

 前ページで過去100年間の気温上昇を説明しました。そして熱帯夜の回数(日数)の比較も行ってみました。
では、気温全体としてはどうなのでしょうか。

 図の見方は、10年ごとに区切り、その中で8月の平均の最低気温が23℃以下だった年は水色の四角一つ。25℃以上だった年は橙色の四角が一つとしています。

たとえば、東京の1970年代を例に取ると、水色が2個ということは、1970年代の10年間の内に23℃以下だった年が2回(2年)、そして、25℃以上だった年が2回(2年)あり、それ以外は23から25℃の範囲だった年です。

      
 2010年〜2019年までの10年間で、夏の平均の最低気温が25℃を超えた年は、東京で4回、大阪で9回、名古屋で5回です。
 そして、23度以下になった年はどの都市もありませんでした。

  これらの傾向からも、東京、大阪、名古屋のいずれも気温上昇が続いているのです。
 比較をしたのは3大都市だけですが、全国で気温上昇が続いているのは間違いのないことでしょう。

 なお、過去20年間の気温推移を見ると右図のようになっています。
 少しずつ最低気温の平均が25℃を超えている年が多くなっています。
 大阪はずっと最低気温が25℃を超えていますが、東京、名古屋ともに2019年、2020年の夏は、最低気温の平均が25℃を超えています。
 東京は23℃台の年もあれば、25℃を超える年もあり、アップダウンの激しいエリアです。これは日頃の気温変化も同様ですね。
(気性ニュースなどを見ていると、東京は、もともと気温のアップダウンが激しいエリアですね)


  気温についての大きな誤解  
住まいの水先案内人・エンドパネル