住まいの材料と工事−外壁材住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去100年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
省エネ住宅は当たり前
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱基準の歴史と記号
地域区分と断熱基準
断熱の方法と場所
断熱材料、性能とコスト
・断熱材のいろいろ、施工特性
・ZEH(ゼッチ)の基礎

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材への疑問と実験
熱に関する基礎知識
遮熱材のポイント

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱


 

 

 
断熱、結露ミニ知識−望ましい浴室断熱

■断熱区画を考える
 断熱材は連続して張って初めて断熱効果を期待できます。普通は浴室廻りは一般的には右図Aのように浴室の外壁側に張ります。
B図のように浴室を断熱区画から外すと言うことはしません。


■床下から外気流入の遮断
 そのとき、実はもっとも忘れられているのが基礎パッキンからの外気の流入です。
 浴室以外の部屋では、外壁にも床下にも断熱材を設けますが、浴室の下には床下断熱を設けることはユニットバスの構造上できません。
 そのため、浴室の壁には上記のA、Bいずれかの方法で断熱材が入れられますが、床下が基礎パッキンなどの床下換気によってツウツウとなり、その隙間から冬の冷たい外気、夏の暑い外気がどんどん室内の軸組内に入っていきます。


■3つの対策
 そのため、これらの外気を遮断するためには、(1)基礎パッキンなどの隙間を発泡ウレタンなどの断熱材で塞ぐ。(2)点検用の床下開口も発泡スチロール系の断熱材で塞ぐ。そして、公庫などが推奨しているのが(3)の床下断熱の代わりとなる基礎断熱です。
注:発泡ウレタンはカセットボンベタイプの形状をした簡易タイプが市販されていますから、誰でも簡単に吹きつけすることができます





写真は、マウスを写真にのせれば、別ウインドで開きます。


■事前確認を
 断熱材を入れるのが今や常識ですが、断熱施工自体は法令で定められているものではなく、あくまでも建築主の任意事項です。(下に続く)


■浴室を一つの区画にして、断熱点検口を設置する方法
 1階全体を断熱区画とする場合は、浴室だけは別の一つの区画にする必要があります。
 上のAの「断熱材で塞ぐ」という方法ですが、今では右の写真のように、基礎の立ち上がりコンクリートの打設時に一緒に埋設する点検口専用の「断熱材でできた点検口」が市販されています。

■浴室、洗面を一つの区画にする施工方法。

 別の方法としては、右図のように、浴室と洗面所を一つの断熱区画として基礎の立ち上がりで区画してしまい、その廻りを断熱し、いざというときの点検口も、キッチンなどに設けている床下収納庫とは別に洗面所に設けてる方法があります。


  断熱、結露ミニ知識  
住まいの水先案内人・エンドパネル